【解説】
等差数列は実際には下記のように数を書き表すと全体が見えてきます。
つまり24項分が-48に相当します。