【解説】
三角不等式の問題は全ての高校の定期試験に必ず出題されます。
正解へのアプローチは単位円を描くことから始まります。
よくあるミスとしては不等号の向きを逆にしてしまうことがあります。
注意してください。
単位円が作図してあれば、部分点を獲得できることがあります。